保険は、”入口”と”出口”のバランスが重要なんです!!

保険は、どこで入っても同じ?

ほとんどの人は「保険はどこで入っても同じ!」と思っていると思いますが、これは、半分正解で、半分、不正解と我々は考えております。

確かに、同じ補償内容であれば、どこで入っても同じです(保険会社によって多少の差異は生じます)

そう言う意味では、「どこで入っても同じ」と言う事になります。

しかし、本当に、その補償内容が、その会社に又はその人に合っているいるのかと問われた時に、自信を持って「合っている!」と答えられる人はどの位いらっしゃるでしょうか?もしかしたら、自動車保険であれば、自信を持って応えられるかもしれませんね・・・

我々が、保険の見直しを依頼された時に「この保険は、どうして加入しているのですか?」「この特約は、どうして付加しているのですか?」と尋ねると、多くの人は、「昔からこうなっていた・・・」とか「あまり良く分からない・・・」と言う回答がほとんどです。

又、話を進めていく中で、「こんな保険」あったんですか?「こんな保険の活用の仕方」あったんですか?「もっと早く教えて欲しかった!」と言う声も、多く頂きます。

つまり、同じ内容であれば、「どこで入っても同じ」なのですが、そもそも、その内容自体が、不十分だったり、その逆だったりする事が多いので「どこで入っても同じ」と言う事にはならない!と言う事なのです。

社長様お一人でお考えになられるのも良いかと思いますが、我々の様な「複数社の損保」と「複数社の生保」の両方を取り扱っている「保険のプロ」を入れてみては如何でしょうか?

保険は、リスクヘッジとしての機能はもちろんですが、活用の仕方によっては、様々なシーンで役立つ「超画期的なツール」の一つでもあります。我々は、「保険のプロ」だから自信を持って言えるのです。社長様には、「保険そのものの活用方法」だけでなく、「保険に付随する「税金」「社会保険」「法律」等の周辺知識を取り入れた活用方法」を知って頂き、社長様ご自身の人生設計、会社の資金繰り等に活かし、より良い人生を送って頂けたら幸いです。

保険の活用スキーム

・「取引先が倒産」してしまった時の負債をリスクヘッジする方法とは?

・「資金繰りが一時的に苦しい」時に、担保なし、保証協会なし、且つ、審査なしで、一週間以内に借りられる方法とは?

・「赤字」を、一瞬で「黒字」にする方法とは?

・「労災等の煩わしい手続きをしなくても」、治療の実費が出せて、「休業の補填」をする方法とは?

・「無審査・無告知」で、社長様お一人程度の保険料で、「全従業員を医療保険」に加入する方法とは?

・「セクハラ・パワハラ」等で、トラブルになった際に、無料で専門家に相談する方法とは?

・「借入金」があり、「連帯保証人」になっていても、相続時に「家族にお金を残す」方法とは?

・「社長にボーナス」を出す方法とは?

・「役員報酬を変えず」に、「社会保険料を削減」する方法とは?

・「株主の権利はそのまま」にして、自社株評価の低い時に株を移転し、「贈与税をほぼゼロ」にする方法とは?

この他にも、保険を活用する事により人生を変えられる可能性はたくさんありますので、お気軽にご相談下さい。

 

お客様にご提案する保険商品について

取扱い保険会社

当社では、複数の保険会社と代理店委託契約を締結しており、取り扱い可能な範囲でお客さまの意向に沿った保険商品をご提案いたします。(ただし、ご要望いただいても契約内容によってご提案できない商品もございます。)

 

1.【損害保険会社】(傷害保険・賠償保険・自動車保険・火災保険等)

当社は、下記3社の損害保険会社と委託契約を締結しております。(順不同)

お客さまと引受保険会社の保険契約締結の「代理」を行います。

 ■AIG損害保険株式会社  ■三井住友海上火災保険株式会社    ■東京海上日動火災保険株式会社

 

2.【生命保険会社】

当社は、下記6社の生命保険会社と委託契約を締結しております。(順不同)

お客さまと引受保険会社の保険契約締結の「媒介」を行います。

■大同生命保険株式会社                           ■東京海上日動あんしん生命保険株式会社

■エヌエヌ生命保険株式会社         ■オリックス生命保険株式会社

■FWD富士生命保険株式会社                  ■メットライフ生命保険株式会社

 

募集人の権限と個人情報の利用の目的

当社の損害保険募集人は、「保険会社の代理人として保険契約を締結する権限が与えられている」ため、ご契約者様による申込を当社が承諾したときに、保険会社との間で保険契約が有効に成立します。

一方、当社の生命保険募集人は、「お客さまと申込先の保険会社の生命保険契約の媒介」を行うもので、契約締結の代理権はなく、保険会社が申込を承諾したときに、はじめて保険契約は有効に成立します。

また、告知受領権は生命保険会社および保険会社が指定した医師が有しているため、当社の生命保険募集人に口頭でお話しされても告知をいただいたことになりませんので十分にご注意ください。

なお、当社は、お客さまの個人情報について、お客さまに同意をいただいた上で、損害保険・生命保険およびこれらに付随・関連するサービスの提供等の業務に必要な範囲で利用し、その他の目的で利用することはございません。詳しくは「個人情報保護に関する基本方針(プライバシーポリシー)をご参照ください。

保険商品の販売方針

1.【損害保険】 ※団体契約/一般契約

 当社は、Ⅰ-1.に記載のとおり、取扱い可能な範囲でお客さまに新規の保険商品をご提案するにあたり、お客さまが保険会社や保険商品のご指名や特段のお申し出がない限り、次の保険会社の保険商品を推奨、ご提案いたします。

<推奨保険会社>
AIG損害保険株式会社

<推奨理由>
 当社はAIG損害保険株式会社(旧AIU損害保険株式会社)の研修生を経験した保険代理店として法人、個人契約の販売実績があり、取り扱う各種商品やサービスについて充実した営業体制および幅広い商品知識ならびに事故能力を備えているため満期継続時のご提案にあたっては、原則、引き続き既契約と同一の商品をご案内致します。ただし、既契約商品の販売停止や、お客さまに不利益となる商品改定による明らかな他の取扱い保険会社の同一商品に対する劣後性が認められる場合、また他の取扱い保険会社による同一商品の発売や、商品改定等による明らかな優位性が認められた場合等は、お客さまから改めてそのご意向をお伺いし、ご意向に沿った商品の提案に努めます。履行保証保険の取扱いについては、お客さまに迅速に履行保証保険証券をお届けする必要性に鑑み、与信枠設定済みの保険会社の商品をご案内いたします。

 

2.【生命保険】 ※個人契約/法人契約/団体契約

 当社は、Ⅰ-2.に記載のとおり、取扱い可能な範囲でお客さまに新規の保険商品をご提案するにあたり、お客さまが保険会社や保険商品のご指名や特段のお申し出がない限り、次の保険会社の保険商品を推奨、ご提案いたします。

<推奨保険会社> 

法人向け:FWD富士生命保険株式会社・エヌエヌ生命保険株式会社
個人向け:東京海上日動あんしん生命保険株式会社

<推奨理由>

当社は上記の保険会社について法人、個人向け毎に販売実績があり、商品の特性や保険料水準等、取扱い商品の中でも最も商品優位性が高いため

 

 

3.【例外的対応

①当社はお客様の安心・安全な生活や企業経営のために有益であると判断した場合、または、商品特性や引受規定・医的審査基準が原因にて推奨保険会社に合致しない場合は、前項の推奨保険会社に関わらず、例外的に当社取扱保険会社の範囲内で、可能性のある保険会社の商品を推奨保険商品として、ご説明させていただく場合があります。ご説明の際には、その保険会社、商品名と選定理由をご説明いたします。

②団体扱い・集団扱い制度契約で、当該団体・集団で取扱いのできる保険会社が指定されている場合は、前項の推奨保険会社に関わらず、団体扱い・集団扱いの制度割引が適用となる当該保険会社、商品名と選定理由をご説明いたします。

【お客様の誤認防止】

当社では、当社が「保険会社とお客さまとの間で中立である」とお客さまに誤認されないよう「公平・中立」との表示・説明を行いません。

お気軽にお問い合わせください。042-639-8703受付時間 9:00 - 17:00 [ 土日・祝日除く ]

お問い合わせはこちら お気軽にお問い合わせください。